無修正エロイプで恥ずかしい姿を見られることが快感に

  • 2016-7-14
  • 無修正エロイプで恥ずかしい姿を見られることが快感に はコメントを受け付けていません。

メール調教をしながら女王様は、忠誠心の具わってきた奴隷には、「今度お前に会って直に調教しようと思っています」と会う事を匂わすようにする。
メール調教されている奴隷は、会いたい一心でどんな命令にも直ぐに応えるようになる。
そこでハードルを一段上げる。

それまで、部屋の中の調教が中心で、夜の野外以外は外に出していない奴隷に女装させ、買い物をさせてみる。
それまで家の中で着せていた女性の服を着せて外へ出してみるのだ。
「化粧などはしなくて構わないから、お前の変態ぶりを人に見せてあげなさい。
昼間の時間に実行し、写真を送ってきなさい」と送る。
暫くして「私には出来ません。お許しください」と言う返事が来たら、「奴隷に出来ませんと言う返事は有りません。
出来なければ今日からお前は私の奴隷では有りません。

私はお前に全裸のまま買い物に行けと言っているのでは有りません。
お前が捕まるようなことはさせません。
出来ないならもうメールはしません」と送ると、半分の奴隷が脱落する。
意を決して買い物に行く奴隷は、次第に恥ずかしさには慣れてくる。
そして、自分の恥ずかしい姿を見られることが快感になってくるのだ。
人前で自分の恥ずかしい姿を晒し、それが快感になることは本当のマゾ奴隷になった証拠で、やっと女王様が奴隷として連れて歩けるようになったのだ。

ここまで出来て初めて奴隷に会ってやるといい。
奴隷は涙を流して喜ぶはずだ。
このようにして、生涯飼える奴隷を見つけ、自分専用に躾ていくのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る