エロチャットで奴隷はビールを浣腸器でアナルから

  • 2016-7-14
  • エロチャットで奴隷はビールを浣腸器でアナルから はコメントを受け付けていません。

調教パーティーは毎月何度か開かれるので、鞭を始め、縄や拘束具などの責め具は部屋に用意されている。

さほど広い部屋ではないので一度にプレーする女王様は一人。
言葉責めにして奴隷モードになったマゾを責めていくと言うパターンだ。
残りの人達はそれを見ながら、飲んだり食べたり楽しんでいる。
複数の奴隷を調教したい女王様は、奴隷を並べて多頭飼いの楽しさを味わう。
全員を四つん這いにして鞭や騎乗プレーを楽しむ女王様もいる。
普通のパーティと少し違うところは、女性はグラスで乾杯するが、奴隷はビールを浣腸器でアナルから飲まされる事だ。

ビールを1?くらい浣腸で入れられ、栓をされると強烈な便意を催す。
そしてアルコールが大腸から吸収されるので直ぐに酔いが回る。
その苦しさが酔いも手伝って快感に変わっていくのだ。

さらにバナナもアナルから入れられるが、3本いれられるとかなり辛い。
調教されるのもいいが、見ているのも楽しく、素人の女王様はいつも感動する様だ。
食べ物は、参加者が持ち寄ることが殆んどだが、途中でピザなどの出前を頼むことがある。
この際に出前の相手をするのは奴隷の仕事で、首輪を付けた全裸の男性が玄関を開けると大概のアルバイトはびっくりする。

この表情を見るのが楽しみな女性も多いのだ。
たまに調教が深夜までになる事があるが、その際は奴隷を野外に連れて出すこともある。
公園などに誰もいなければ、全員車から全裸で表に出し、リードを付けて散歩をすることもあるので、女王様の満足度は満点だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る